大阪で産業廃棄物収集運搬業許可なら

産業廃棄物収集運搬業

他社の事業活動で発生した廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油などの産業廃棄物(20種類;下記)を収集し処分場まで運搬するには都道府県知事(又は政令市長)の許可が必要です。なお、自社で発生した産業廃棄物を収集運搬する場合は許可不要です。

 

【産業廃棄物の種類】
燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類紙くず木くず繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、ゴムくず金属くずガラスくず、鉱さい、がれき類、動物のふん尿、動物の死体、ばいじん、産業廃棄物を処分するために処理したもの
*建設系産業廃棄物として代表的な8種類です

 

最も一般的な、産業廃棄物の積替え又は保管を含まない(処分場まで直送する)収集運搬業の許可を取るための主な条件は以下のとおりです。

 

許可を取るための主な条件
<人員>
・法人の役員等、個人事業主が欠格要件(関係法令違反など)に該当しないこと
・法人の代表者や個人事業主が産業廃棄物の収集又は運搬を的確に行うに足りる知識及び技能を有していること
=>公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが実施する所定の講習会を受ける必要があります。
<経理的基礎>
・産業廃棄物の収集又は運搬を的確に、かつ、継続して行うに足りる経理的基礎を有すること
=>少なくとも債務超過でないことが必要ですが、改善の見込みなどが説明できれば可能性があります。
<設備>
・産業廃棄物を適正に運搬できる運搬車又は運搬船、運搬容器などを有していること
(建設系廃棄物であれば、ダンプで荷台にシートがけで問題ありません)

 

上記は、一般的な産業廃棄物の代表的な条件です。危険性のある産業廃棄物(揮発油類、強酸、強アルカリ、PCBや石綿の含有物、廃水銀など)は「特別管理」産業廃棄物として、許可の条件が厳しくなりますのでご注意ください。

 

申請費用:実費8.1万円+弊所報酬11万円~

 

ページの先頭へ

問合せ


お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ


     アルソス行政書士事務所

     TEL06-6753-9005

       *無料相談対応中

HOME サービス内容 事例紹介 事務所概要 プロフィール 料金案内 メール問合せ