大阪でビザ申請取次

就労資格(ビザ)

外国人が日本で就職しようとした場合、逆に日本の企業が外国人を雇う場合に、何らかの就労資格(ビザ)が必要です。
一般的には、「技術・人文知識・国際業務」という資格が代表的です。母国又は日本で学んだ技術や知識をベースに、理系では機械や電気関係などの技術者、文系では貿易や営業関係などのスタッフが該当します。また、理系、文系を問わないものとして、母国語の通訳・翻訳担当者も該当します。いずれにしても、いわゆるスタッフとしての業務であり、製造現場などの作業者は認められないので注意が必要です(そのような場合には「技能実習」、「特定技能」という別の資格があります)。また、仕事の内容も許可取得時の内容が基準になりますので、異動・転勤や転職の時には注意が必要です。

 

このほか、熟練した技能を持つ方のための「技能」、起業したり経営に加わったりする方のための「経営・管理」などがあります。また、平成29年9月より「介護」、平成31年4月より「特定技能」の資格が追加されました。
外国人の方で就職したい、又は外国人の方を雇用したいということがあれば、お気軽にご相談ください。最適な就労資格を提案させていただきます。

 

ページの先頭へ

問合せ


お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ


     アルソス行政書士事務所

     TEL06-6753-9005

       *無料相談対応中

HOME サービス内容 事例紹介 事務所概要 プロフィール 料金案内 メール問合せ